朝陽学園は、児童養護施設として57年の歴史を持っています。
創設以来約半世紀の間に、650人を超える子どもたちが学園生活を送り、本学園から社会に巣立ち、あるいは家庭に戻っていきました。

少子化という時代の移り変わりにつれて、児童福祉関係施設も減少しそうなものですが、近年、児童虐待が増えたことで施設の存在意義が見直されており、これからも入所を必要とする児童は続くことでしょう。そのような子どもたちを受け入れ、適切な養護を行っていきたいと思っております。

この度、朝陽学園はホームページを開設し、これを活用した情報公開を行うこととしました。

これを機に、多くの方々に児童養護施設の実態を知っていただき、ご理解とご協力が得られますよう、開かれた施設運営に努めてまいります。

今後とも、ご支援の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

理事長 中島 隆